輝きたいなら佐渡島だ!
輝きたいなら佐渡島だ!

佐渡ビジネスコンテストとは

人生を輝かせる島『佐渡島』でそれぞれの成功を

佐渡島は、近年「起業の島」として行政・Web系の業界から注目されています。
 佐渡市と創業・企業誘致支援団体NEXT佐渡の連携によるものだけでも、この数年で10社のベンチャー企業が佐渡市で創業ないしサテライトオフィスを展開しています。
 しかも、10社の内3社は上場を視野に入れており、別の2社は東証1部上場企業グループへのバイアウトが成立しました。

しかしながら、私たちは、このコロナ禍においても10社の内「1社さえも起業失敗がないこと」にこそ佐渡島の特徴があると考えています。
 佐渡ビジネスコンテストは、こういった佐渡市と創業・企業誘致支援団体NEXT佐渡の取り組みをパッケージ化し、これを提供するチャレンジャーを広く全国から求めるコンテストです。

上場やバイアウトにとらわれることなく、各企業家の理念達成の場として是非佐渡島をご検討ください。

入賞者特典

佐渡市雇用拡充事業補助金での加点措置

本選プレゼン会出場者には、ビジネスコンテストに引き続いて実施される「令和4年度 佐渡市雇用機会拡充事業補助金 第1回」に際して加点措置がとられます。

この補助金は、佐渡市内で創業・事業拡大をする場合の設備費、改修費、広告宣伝費、店舗等借入費、人件費、研究開発費の3/4を最大5年間補助されるというものです(※毎年審査があります)。 創業の場合は年間補助額450万円/事業額600万円、事業拡大の場合は年間補助額900万円/事業額1200万円(※設備投資を行う場合1年だけ年間補助額1200万円/事業額1600万円)という補助額もかなりのものですが、 設備費、人件費や広告宣伝費など、事業を行う際に必要となるほとんどの事業に利用できる点でも使いやすい補助金です。

加点額

インキュベーションセンター賃料補助

本選プレゼン会出場者には、佐渡市が認定している民間のインキュベーションセンター等への賃料について、一定期間補助します。
インキュベーションセンターとして現在次の「植田屋」「共立テクノ杜の広場」が認定されており、更に2021年11月より「REBIRTH佐渡ワーケーションセンター」が加茂湖湖畔にオープンする他、2022年3月には「インキュベーションセンター河原田本町」がオープンする予定です。

植田屋

江戸時代より続く植田旅館を2012年に改修しインキュベーションセンターとして再生させた建物であり、NEXT佐渡始まりの地です。
忍者屋敷のような建物の中で、Web系ベンチャー企業が最新のテクノロジーに挑戦しています。
2020年12月現在、taneCREATIVE株式会社、株式会社リュウズデザインプラス、株式会社EDOPONの3社が入居しており、 全ての席が埋まっているため、内覧・入居申し込みなどは現在受け付けておりません。

Google Mapsで見る

植田屋

※写真をクリックして内部の雰囲気をご覧ください

 

共立テクノ杜の広場

共立テクノ杜の広場は、最高品質の無垢材を使用した建物で、能舞台としても利用できるはなれや、薪ストーブが置かれた共用スペース等、快適な空間が用意されています。
2020年4月よりインキュベーションセンターとして開放されたばかりの為、現在は株式会社リライフ、株式会社SuppleX、株式会社anteadの3社が入居していますが、まだ空いている部屋はあります。

Google Mapsで見る

共立テクノ杜の広場

※写真をクリックして内部の雰囲気をご覧ください

 

REBIRTH佐渡ワーケーションプレイス

両津港から車で5分、加茂湖湖畔という眺望の良いロケーションに、4台のトレーラーハウスからなるインキュベーションセンターが誕生しました。
2021年11月のオープン時より満席となっている人気拠点です。
2022年4月以降トレーラーハウスを2台追加予定です。

インキュベーションセンター河原田本町

2022年3月、旧佐和田地区の中心地である河原田商店街のなかに、回廊式の古民家を改装したインキュベーションセンターが立ち上がる予定です。
単なるインキュベーションセンターではなく、地元学生との交流の場等の機能も保有する拠点として現在準備中です。

佐渡での継続的なビジネスをNEXT佐渡がフォローアップ

入賞者が創業をするケースでは、NEXT佐渡のメンバーがメンターとなって事業計画の作り込みを支援させていただいたり、創業後の各種フォローアップを実施させていただきます。
入賞者がサテライトオフィスを設置されるケースでは、可能な限り島内と交流できるよう、人的・物的環境の構築を、NEXT佐渡がお邪魔にならない範囲で行わせていただきます。
更に、条件が合えばになりますが、各種ベンチャー支援ファンド等へのマッチングも可能です。

自由なライフスタイル

理想的なワークライフバランスを実現できる『佐渡島』

すでに何社ものベンチャー企業が佐渡島で創業やサテライトオフィスを展開しており、佐渡島で理想的なワークライフバランスを実現しています。
ビジネスは挑戦的に、ライフスタイルは自由奔放に、理想的な環境がこの島にはあります。

動画
佐渡1
佐渡2
佐渡3
佐渡4
募集要項

応募資格

応募に際しての資格要件は、以下の通りです。

  • 令和4年度佐渡市雇用機会拡充事業補助金第1回公募要領を満たしていること。
    ※本コンテストへの応募には、佐渡市地域振興課産業振興室で実施する事前相談が必須となりますのでご注意ください。
  • 創業ないし起業後10年未満のアーリーステージのベンチャー企業であること。
  • 佐渡市で開催される「本選プレゼン会」に参加できること(交通費は自己負担)
    ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、web開催の可能性有り。

応募書類

応募にあたっては、以下の書類を提出してください。

  • 令和4年度佐渡市雇用機会拡充事業補助金第1回公募要領に記載のある書類
  • 「本選プレゼン会」で使用するパワーポイント資料 ※動画は使用できません。
  • 加点事由となる「類似事業での実績」(任意) ※「類似事業での実績」はA4で5枚までに収めてください。

【留意事項】

①資料はデジタルデータでご提出ください。
提出方法はメール、ダウンロードサービスなどで問題ありません。

②資料の分量には特に制限を設けませんが、本選プレゼン会で説明できるものだけにしてください。

③本線プレゼン会で使用できる資料は、2022年1月7日までに提出した資料のみとなります。
それ以外の資料を使用した場合には原点となりますのでご注意ください。

募集するビジネスプラン

異なる視点の2つの部門でビジネスプランを募集します。

どちらも「3.応募資格」の条件を満たしていることが条件となります。

ビジネスモデル部門

こちらは一般のビジネスコンテストと同様に、いかに事業性、成長性、継続性及び雇用創出効果等があり、事業の発展が見込めるかを競うものです。

持続的な成長確立の高さ、類似事業の実績、事業推進意思の強さなどから、今後の事業展開の可能性を評価するビジネスモデルとしています。

※ビジネスモデル部門では、地域課題等を解決することは求めていません。

課題解決型ビジネスモデル部門

市の指定する地域課題を解決するビジネスプランを募集します。

課題解決型ビジネスモデル部門では次の4つの地域課題に関するビジネスプランを作成してください。

「健康づくり」に関する事業
高齢者が活躍できる仕組みづくりをはじめ、健康づくり支援など、佐渡市が目指す「健康寿命日本一」に貢献するビジネス。
「エネルギー」に関する事業
佐渡市における再エネ電力比率は僅か 3%であることから、再エネやEVの導入促進、省エネ技術など、温室効果ガス削減に貢献するビジネス。
「障がい福祉」に関する事業
障がい者支援をはじめ、農福連携など、障がい者の社会参画を促すビジネス。
「結婚促進」および「子育て支援」に関する事業
人口減少対策を推進するための婚活ビジネスや出会い促進に関するビジネスおよび子育て世代が必要とする民間活力を活かしたサポート等に関するビジネス。

※様々な観点から課題解決に向けたビジネスモデルを募集します。

スケジュール

申し込み期間
2021年10月25日~2022年1月7日必着
予選審査(書類審査)
最大5者通過予定。
2022年1月20日中にメールにてご連絡いたします。
※予選通過者には個別で本選プレゼン会の場所と時間をお知らせします。
本選プレゼン会
2022年1月30日(日)開催
※入賞者発表・表彰式は当日実施します。

特典に関する補足説明

本選プレゼン会出場者(ビジネスモデル部門・課題解決型ビジネスモデル部門合わせて5者)には、本選プレゼン会への参加終了時点において、令和4年度佐渡市雇用機会拡充事業補助金第1回採点への加点される権利が付与されます。

ビジネスモデル部門は、5点の加点、課題解決型ビジネスモデルは10点を加点します。

※本権利は、令和4年度佐渡市雇用機会拡充事業補助金第1回のみに有効で、次回以降に保持されません。

入賞者には、更に以下の特典が付与されます。

  • インキュベーションセンター賃料補助
  • ベンチャー支援ファンド等とのマッチング
  • 事業計画の策定、資本政策等についての専門的な経営指導等
特典に関する補足説明 特典に関する補足説明

応募手続き

令和4年度佐渡市雇用機会拡充事業補助金第1回公募要項の方法と同一の手続きとなります。

佐渡市地域振興課との事前協議が必要になりますのでご注意ください。

※事前協議時にビジネスコンテストへの応募を希望である旨をお伝えください。

応募締切
2022年1月7日(金) 午後5時30分まで
応募先

佐渡市
地域振興課
産業振興室

〒952-1292 新潟県佐渡市千種232番地

TEL:0259-63-4152 FAX:0259-63-2750

E-mail:sangyo@city.sado.niigata.jp

※事前協議時にビジネスコンテストへの応募希望である旨をお伝えください。

Q&A

よくあるご質問は一定程度まとまり次第随時PDFにて掲載いたします。

NEWS

2022年1月21日、佐渡ビジネスコンテスト2022の審査委員名簿を公開しました。

2022年1月21日、佐渡ビジネスコンテスト2022の本選プレゼン会出場者が決定しましたのでお知らせします。

希望される方は専用申込みフォームから申し込みください。

2021.10.25佐渡ビジネスコンテスト2022のウェブサイトを公開しました。

2021年10月25日、佐渡ビジネスコンテスト2022のウェブサイトを公開しました。

2021.10.25佐渡ビジネスコンテスト2021のウェブサイトはこちら

佐渡ビジネスコンテスト2021のウェブサイトはアーカイブとして保存されています。
参考にされたい方はこちらよりご覧ください。

INTERVIEW
  • SIIG株式会社

    近日インタビュー公開

  • mint govtech株式会社

    近日インタビュー公開

  • 株式会社SAKAMA

    近日インタビュー公開

CONTACT

地域振興課 産業振興室

TEL : 0259-63-4152
FAX : 0259-63-2750